更年期サプリいいのはわかってるけど、その他にもいい向き合い方があるの?

更年期サプリ以外に更年期障害を緩和する方法

更年期サプリを摂取し、更年期を緩和することも可能ですが、その他にも更年期を緩和させることができる方法もあります。

更年期サプリ以外で、更年期を緩和させる方法としては、とされています。更年期障害は、女性ホルモンが減少することで、自律神経が乱れてしまい、症状が出て気分を変える事が良いしまう事が多いとされていますから、自律神経を正常にするために、リラックスをすると良いと言われているのです。

リラックスをする方法は、人によって違うかと思いますが、好きな香りのアロマテラピーを炊いてみるという方法も良いですし、ゆっくりと湯船に浸かることも良いでしょう。副交感神経を活発にすることで、ストレスを緩和し、リラックスすることができますから、自分なりの、リラックス法を取り入れてみると良いでしょう。

楽しいと思える事を取り入れる事でも、更年期障害の緩和には効果的であるとされています。笑顔が増える事で、エストロゲンの分泌が多くなるとされていますから、お笑いのテレビを見るのも良いですし、観劇に出かけるのも良いでしょう。

笑顔を絶やさない生活を送ることで、更年期サプリの効果を高める事も可能となりますし、体本来の力により、更年期障害の症状を緩和することができるでしょう。

ですが、無理をしてしまうと、逆にストレスとなってしまう事がありますから、やらなければいけないという気持ちは捨て、自分の思うままに生活を送るというような事も大切です。

更年期障害を乗り切るために

更年期障害の症状が辛いと、毎日が非常に苦痛に感じてしまうとされています。
特に、うつの症状が出てしまうような人の場合、頑張ろうという気持ちから、更に更年期障害の症状が悪化してしまうような場合も多いとされています。

更年期障害を乗り切るためには、生活習慣の見直しや、食事の改善、更年期サプリの摂取や、運動を取り入れるなど、様々な方法がありますが、何をしても中々思うような効果が出ないという人も中にはいます。


そのような人の場合には、更年期サプリの種類を変えるという事も更年期障害を緩和させる方法の1つとなりますが、思い悩んでしまわないようにすることが大切です。

更年期障害が起こってしまう時期は10年程度となりますから、非常に長いのですが、終わりは必ずきます。
永遠に更年期障害が起きてしまうわけではありませんから、更年期障害であると割り切って、体の調子が良い時に、自分の楽しいと思える事を行う事ができるようにしましょう。

辛い辛いと思ってしまう事で、うつが長引いてしまう事がありますし、更年期が終っても、うつだけが残ってしまうような、辛い症状となってしまう事もありますから、上手に更年期と付き合う事ができる方法を取り入れると良いでしょう。

無理を感じたら、更年期サプリだけに頼らず、通院をする事も良いですし、家事も何もしない日があっても良いのです。自分の体をいたわる時期であると考え、無理をしないように心掛けましょう。

更年期障害で通院する

更年期障害の症状がひどい場合には、更年期サプリだけでは改善することができないような場合もあります。日によって、症状が強く出てしまう場合もありますから、更年期サプリでも、思うように効果が出ない場合には、クリニックへ通い、薬を処方してもらいましょう。

クリニックにて処方してもらう事ができる薬としては、女性ホルモンの、エストロゲンと、プロゲステロンを補う事ができる飲み薬を処方されることが多いとされています。更年期障害の症状の1つとして、うつの症状がひどい場合には、抗うつ薬や、精神安定剤などを処方してもらう事ができる場合もあります。

ホルモン療法の場合、薬を服用することで、大抵の人が、更年期障害を緩和することができるのですが、薬の場合には、副作用がありますから、更年期障害が起きている間の10年間、継続して服用する事で、体に負担をかけてしまう事もありますから、注意しましょう。


できるだけ体に負担をかけたくない場合には、漢方薬に切り替えてもらう事も良いでしょう。
ある程度症状が落ち着いてきたら、体の為に、更年期サプリに切り替えてみましょう。


更年期障害で通院をする場合、保険の適用となりますから、それほど高額な支払いになることはありませんが、薬を服用することで、乳がんになってしまうリスクが高くなってしまう事がわかっていますから、ある程度症状が落ち着いている場合には、できるだけ更年期サプリに切り替える方が、安心できるでしょう。

このページの先頭へ戻る